ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 分類でさがす > 産業・しごと > 建築 > 建築関連 > どのくらいの広さの建築物が建てられますか?

どのくらいの広さの建築物が建てられますか?

印刷用ページを表示する更新日:2017年10月17日更新 <外部リンク>

お答えします

敷地には、それぞれ「用途地域」が定めてあり、この用途地域によって「建ぺい率」と「容積率」が決められ、建てられる建築物の大きさの限度が決められます。

「建ぺい率」は、通称[建坪]といわれる建築面積の敷地面積に対する割合のことです。

例えば、敷地面積が300平方メートルで「建ぺい率」が60%であれば、建築面積は300平方メートルの60%の180平方メートルまで建築可能ということになります。

「容積率」は、建築物全体でどれくらいの床面積を確保できるかを決めたもので、延べ面積(各階の床面積の合計)の敷地面積に対する限度の割合のことです。

例えば、敷地面積が300平方メートルで「容積率」が200%であれば、延べ面積は300平方メートルの200%の600平方メートルまで建築可能となります。

 

用途地域ごとに制限が異なります。詳細は以下からご確認ください。

小山市における建築形態規制について