ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

見守り新鮮情報

印刷用ページを表示する更新日:2023年4月20日更新 <外部リンク>

想定外の高額請求!トイレ修理トラブルに注意

トイレが詰まったので、インターネットで検索し「修理○百円~」と記載のある業者に依頼した。最初ポンプのようなもので作業したが改善せず、ドリルのようなもので詰まった異物を粉砕することになった。「通常50万円だが半額にする」と言われ了承し、詰まりは解消した。手持ちの現金がなく翌日支払うと伝えたがダメだと言われ、ATMで引き出して支払った。気になって後日他の業者に聞いたら、ありえないほど高額だと言われた。(60歳代)

 

<ひとこと助言>

☆広告に表示された料金で作業できるとは限りません。広告の料金をうのみにせず、依頼する際はその料金での作業内容や追加料金が発生しないかなどを確認しましょう。

☆想定していないほど高額な料金の作業を提案された場合は、作業を断るようにしましょう。また、請求額や作業内容に納得できないときは、後日納得した金額で支払う意思があることを示しつつ、その場での支払いはきっぱり断りましょう。

☆地域の工務店などの、安心して依頼できる事業者の情報を日ごろから集めておきましょう。

☆広告表示額と請求額が大きく異なる場合など、クーリング・オフできる可能性もあります。困ったときは、小山市消費生活センター(0285-22-3711)や消費者ホットライン(188)等にご相談ください。

 

国民生活センターhttps://www.kokusen.go.jp/mimamori/mj_mailmag/mj-shinsen448.html<外部リンク>